お知らせ, 【レポート】勉強会開催報告

【レポート】第31回勉強会『経験ゼロからたった1年で101人の生徒を集めた現役カルチャースクール経営者が教える「ファン客の集め方」」のレポートがNICe公式HPにアップされました。

第31回 経営初心者のための勉強会(NICe後援)開催速報


 
2015年12月7日(月)東京・新宿で、第31回 経営初心者のための勉強会が開催された。これは、NICe認定連携事業「経営者のためのお悩み相談センター」http://www.iikeiei.com/が主催、NICe後援により定期開催している少人数制の勉強会。「経営者のためのお悩み相談センター」とは、発起人であり同会の主催者である上久保瑠美子さんが経営者の声に応え、自らの地域密着型集客コンサルタントの実績と経験、そして人脈を活かし、専門家仲間40名を集めて結成した専門家集団による相談サービスのこと。経営者が抱えるさまざまな悩みや相談に対し、複数の専門家アドバイザーからアドバイスが受けられるというのもの。勉強会では毎回、その専門家アドバイザーひとりを講師に招いて、ミニセミナー&質疑応答で参加者同士も学び合い、さらに専門家へ直接、参加者がお悩みを相談できる本音トークの会。第31回となる今回は、カルチャースクール経営者であり、小さなビジネスのための経営コンサルタントである、(株)ハックベリーズの榎本雅章氏を講師に招き、『「ファン客」の集め方』をテーマに開催された。
 
榎本氏は、乳幼児向けカルチャースルールの経営を通し、経験ゼロからたった1年で101人の生徒を集めた現役の経営者でもある。実際の現場経験を活かし、個人事業主や小規模経営者からの相談を受けるようになり、2015年4月からは経営コンサルタント業務も開始した。どのような苦労や課題から、どのような視点で考え方で取り組みを実践し、「ファン客」を集めるに至ったのか。その具体的な経験則に基づいた策を理論立てて披露いただいた。そもそも「ファン客」とは何か。「ファン客」を定義し、意識することで、経営にどのような変化が生じるか。逆に意識せずにいることで、事業に、経営者に、顧客に、どのようなデメリットが生じるか。榎本氏があみ出した改善のための思考転換、集客が目的ではなくその先にある経営者像、経営者が陥りやすい問題事象とその根本問題、解決策への取り組み手順と各ポイント、実践継続のための意思と覚悟、繰り返し行う仮説検証の意味、モチベーション維持方法など、榎本氏の経験談と実際に作成してきた分析表や行動表なども開示しながらわかりやすく解説。
 
参加者からは、既存客がいる場合は仮説想定できそうだが、これから開業する場合はどのように新規客を仮説すればいいか? またその検証はどうやって? どうしても売り上げに目が行きがちになるが、ファン客と客をどのような基準で選別するか? 初回無料サービスと安売りとの違いは? 商品・サービスの価格を下げずに広く普及させるには? などなど次々に質問が寄せられた。続いて同会場で行われた懇親会でも質疑応答が続き、大いに学び合った。

榎本雅章氏ブログ
「小さなビジネスのためのWebマーケティングの話」

次回 経営初心者のための勉強会 第32回は、2016年1月18日開催。
テーマは、
パソコンが苦手な個人事業主のための 「ホームページ活用法」
http://www.iikeiei.com/2015/12/05/1798/

■プラベートからオフィシャルまで「経営者のためのお悩み相談センター」
公式サイト http://www.iikeiei.com/
_______________________________
※NICe会員・上久保瑠美子さんが主催する「経営初心者のための勉強会」を
(社)起業支援ネットワークNICeは応援・後援しています。

●NICeのすべての予定一覧はこちら
●これまでの開催レポート 一覧はこちら

取材・文、撮影/岡部 恵
Google+