お金をかけずに地元客をガッチリ掴む「地域密着型の集客・営業術」

講演の特徴

※本講演は インターネットやソーシャルメディア、ホームページの活用法ではありません。  パソコンも広告も使わない、シンプルな方法と考え方をお伝えします。

私はこれまでコンサルティング会社で800店舗の事例を収集、分析してきました。
そこで、気づいたノウハウ化を独立後、多くの業界で試したみました。
結果、大変多くの成果をあげることができました。

本講演では、 私が実際に試して成果がでた事例 
そして 失敗した事例など、実体験 を含めてお伝えします。

ですので、大企業や著名人の事例は一切出てきません。
机上論ではなく、明日から実際に真似できる
 簡単、且つ具体的な方法ばかりをご紹介 します。

参加者の皆様からは
「今まで受講してきた講演とは全然違っていて面白かった!」
「話に引き込まれて、あっという間だった」
「目からウロコだった」と大変嬉しいお声を頂戴しております。

地域密着型の経営者様に有益なヒントをお伝えします。

 

主な内容

業績が良い店舗と悪い店舗の違いとは

  • 業績の良い企業のオーナーは 潜在意識を利用して業績をあげている。 
  • 社員の意識を変える質問。
  • 一人の脳には限界がある。良いアイディアは異業種、異世代、異地域の脳を借りる。
  • 同じ商品を同じ顧客に同じ売り方をしていると時代と共に業績は右肩下がりになる。
  • 「商品」か「顧客」か「売り方」どれかひとつだけを変えてみる

 

価格を下げるのではなく価値を上げる

  • 人は値段で判断する生き者
  •  値引きをするということは、自ら商品価値を下げる ということ
  • 割引中毒に陥っていた居酒屋が「試食会」でリピーターが激増!
  • 広告代理店やインターネットを利用してたくさんのお客さんを集客しようとして、目の前の大切なお客さんを見失っていませんか?
  • 価格競争に陥っていた酒屋が「ワイン」で単価アップに成功!
  •  「安くしないと売れない」のではない。 「安いよ!安いよ!」とPRしているから安いものが好きなお客さんが集まる。
  • 「凄いよ!凄いよ!」とPRすれば良いものが好きなお客さんが集まる。

 

価値を伝える

  • お客さんに判断基準を与える
  • 創業者のストーリー、スタッフのストーリーが価値になる
  •  写真と値段だけしか記載していない チラシ
  • 「こだわり」を伝えていますか?伝わっていますか?
  • 商品説明をするとセールスマンになる
  •  業界知識を伝えると頼れる専門家になる 
  • パンパースのチラシの裏に「うんちの見分け方」
  • 飲食店は「包丁の研ぎ方」を伝える
  • 歯医者さんは「歯の磨き方」を伝える
  • 美容室は「自宅でできる白髪染めの仕方」を伝える

 

顧客満足を追求する

  • 大型量販店が撤退。町の電気屋さんが勝った理由とは
  • 新規客獲得のためにチラシを配布しない
  • 既存客フォローのためにチラシを配布する
  •  3日連続で顧客を訪問する効果 
  • セールストーク、クロ―ジング率90%の秘訣
  • 自社の 利益のために売ろうとすると売れない 
  • 顧客満足を追求すると売れる

 

紹介をもらう

  •  目の前の人に売らない。第三者に売ってもらう。その方法とは。 
  •  ご近所さんから紹介をもらう秘策。 
  • 仲間と顧客を共有すると、経費をかけずに3倍の顧客を集客できる。
  • 紹介をくれた人にリベート(謝礼)を渡すと紹介が減る!?
  • 紹介をくれた人には「感謝する」。5分以内に感謝する。
  • ファン客に相談、報告すると紹介が増える。

 

セミナー・講演のご依頼

 

上久保瑠美子の講演の特徴

  • 1.大手企業の事例ではなく、自ら収集した小さなお店の具体的例が豊富
  • 2.パソコンが苦手な方や地方の方でも明日からできるアナログな方法をご紹介
  • 3.「競合と戦う方法」ではなく、「競合と協力する」方法をご提案
  • 4.商売家系で育ったからこその商売論
  • 5.成功例だけでなく失敗事例も豊富

お客様、参加者様の声

 

天野友紀様(ビューティーサロン経営)

自分の事業にも活かせる他社の事例が豊富で目からウロコでした。早速行動に移します。
地域と深くかかわり合うことが出来そうです。
本日は貴重なお時間をありがとうございました。
講師の上久保さんのパワフルで活き活きしたお導きにいつも元気をもらっております!!
これからも頼りにしています!!

 

セミナー講師、経営者 M・N様

よくある成功した事例ばかりで終るのではなく、なぜ、どのような経緯でそうなったかということまで深いところまで教えて下さったので、自社に落としこみやすかった。

 

株式会社オーケン 代表取締役 大刀豊暁様

こちらの「やりたいこと」を汲み取りながら、そこから何をすれば良いのかを具体的に一つ一つ教えていただき、 長年悩んでいたことがやっと明確にわかりました。 たくさんの方に相談したり、話を聞いてきましたが、上久保さんのの話し方も内容も大変わかりやすく、知りたかった答えにようやく辿りつけました。ありがとうございました。

 

鍼灸整骨院経営者様

他のセミナーとは違って、近隣のお客様を大切にすることが大事だと気づきました。早速、美容室、居酒屋などにあいさつに行きたいと思います。
割引をやろうと考えていたので、思い止まるつもりです。

> > もっと見る

上久保瑠美子よりのご挨拶

以前、私はフランチャイズビジネスのコンサルティングをしていました。
フランチャイズビジネスは、基本的に
同じ看板、同じ商品、同じメニュー、同じ価格、同じマニュアルで事業を行います。
しかし、同じ事業をしているにも関わらず、
業績の良くない店舗と業績の良い店舗が存在します。
私は加盟店のランキングを毎月、作成しながら、店舗の事例を集め、
成功要因と失敗要因の分析・研究し、ノウハウ開発をしていました。

そこで、業績の良し悪しに関連するある共通点に気がつきました。
業績の良くない店舗のスタッフはいつも不平、不満、愚痴ばかりを口にしていたのです。
一方、業績の良い店舗のスタッフはアイディアや改善案を口にしていたのです。
このことから私は業績の違いは『思考の違い』だと考えました。

業績の良くない店舗はいつも「○○だからうまくいかない」と『できない理由』を考え、
業績の良い店舗は「どうすればうまくいくだろう」と『できる方法』を考えるのです。

結果には必ず要因があります。うまくいかない要因もあれば、うまくいく方法もあります。
繁盛店と繁盛していないお店の違いはどちらの思考を持っているかです。

うまくいかない理由が本当に「場所だけ」なら移転をすれ問題は解決です。
しかし、もし、この場所で頑張りたい!というのであれば、
移転以外に『できる方法』を考えなければなりません。

どんな環境にも、どんな時代にも、どんな業界にも必ず繁盛しているお店はあります。
大事なのは思考の転換です。
思考を転換することができれば、必ず『できる方法』が見つかります。

上久保 瑠美子

>> プロフィールと実績はこちら

セミナー・講演のご依頼